サイトマップ
メールマガジン

主婦の大活躍でサイトを活性化します! | 主婦マーケティングサービス一覧 | 料金

主婦の調査やアンケートのノウハウを教えます!
約10000人の主婦会員とともに3年。
実績と経験から当社のわかったこと、覚えたことをご紹介します。



アンケート調査にはニーズ発掘型と仮説検証型の大きく2つの方向があります。
たとえば、新商品やサービスを開発するときや今ある商品やサービスがどう評価されているかなどを知りたいときには、生活者の意識や動向を大きく捉える必要があり、こうした場合ニーズ発掘型の調査になります。答えは生活者側にあり、先入観や答えを持たずに素直に質問します。ニーズ発掘型のアンケートはあらかじめいくつかの答えを用意する選択問題よりも集計に手間がかかりますが自由記入形式にする方が、よりヒントとなる回答が得られやすいものです。
仮説検証型の調査はすでに企画開発された商品やサービスなどについて企画意図に間違いや何か修正する必要がないかを確かめるときなど行われます。たぶんこうだろうという仮説(答え)は実施側にあり、これを生活者に聞いていきます。仮説を答えとして用意する選択問題形式で仮説の反対意見の理由を収集できる記入欄をつくるように留意します。
この2つのタイプが完全に分かれることも複合されることもあって、簡単に言うと、ある程度わかっている部分は仮説検証型、わからない部分はニーズ発掘型の質問形式にすれば考えやすいかと思います。

まずは「目的」。
調査をするときには、何のためにアンケート調査を実施するのかを明確にします。
当たり前のことのようですが、この目的を決めないでいきなりアンケートの質問を書き始めてしまう方々がまだまだたくさんいます。
何のために調査が必要なのかという本来の目的より、アンケートをとることそのものが目的になりがちです。
ひと昔前から、あちこちで主婦を相手にアンケートが行われています。ですから主婦は皆さんが思うよりずっとアンケート慣れしているのです。極端な言い方をすれば、アンケート用紙を見たとたんに相手が何を聞きたいのか、意図しているのかを判断できてしまいます。目的すら決めずにアンケートをつくると「何も考えてないな」思われ、「そういうアンケートはせっかく答えても活かされないと思うからパスします」という主婦もいます。答える人をがっかりさせないためにも、まずは目的をはっきりさせてからアンケートをつくってください。

たとえばネットショップなら
■目的:顧客である主婦に実際にネットショップを見てもらい、意見や感想を集め、これを改善へと活用する。 
(もっと平たく、うちはなぜ売れないのかその原因を主婦に聞いて、直せるところはすぐ直す、でもいいのです)
次に、何を見てもらいたいのか、聞きたいのかをもっとこまかくあげていきます。固くならないで素直に聞いてみたいことを思いつくままに書いていきます。
・HPのデザイン・買い物がしやすいかどうか・商品の好き嫌い・価格はどうか・うちのいいところ・わるいところ・うちに足りないもの等・・・
むずかしく考える必要はありません。
今自分が知りたいこと、わからなくて困っていることなどをたくさんあげて、それから、今度は質問をつくっていけばいいのです。

質問の文章は、なるべくわかりやすく、話すようにやさしい言葉を選んでつくります。また文章表現で得られる回答(数字)も変化します。
質問の文章には、もちろんある程度の信頼感や基本的な礼節が必要ですが、業界専門用語などは使わず、あまり固くなり過ぎない方が答える側に安心感を与え、結果、本音を引き出すことができます。データとして有効な答えとは、客観的な回答ではなく、主観的な答えなのです。
たとえば、
Q:顧客満足度の高いと思われる商品についてお伺いします。
という聞き方よりも
Q:あなたが買いたいと思う商品を教えてください。
の方が現実的な回答が集まります。
さらに厳密に言うと「買いたい」と「買いたいと思う」でも若干数字が変化します。買いたいとは思うけれど、何かの理由で買わない層も買いたいと思っているからです。
このように、とくに主婦(女性)対象のアンケートは文章表現や言い回しに敏感に反応するので、コアな答えを欲しいのか、グレーゾーンを含む幅を持たせた答えが欲しいのかを考えて文章
をつくります。

主婦がアンケートに時間を使うことに対して価値を認め、寄せられた回答に応えて改善する「姿勢」こそが大切です。
どうもアンケート(主婦の使う時間)はタダという感覚が否めません。当社が通常アンケートなど仕事を実施するときは主婦会員に現金で報酬を支払っています。今は有職主婦の割合も半数以上いて、アンケートにかかる手間暇を主婦たちが時間換算してもそれは当然のことだと思うからです。
「今どき高校生のアルバイトだって時給で800円以上もらえるもの」「ポイント制のアンケートは面倒だからなるべくその他とか記入欄のある答えは選ばないようにしてるの」そんな本音もよく聞きます。相手が見えない、あるいは誠意や意味を感じられないアンケートにはハナから参加

しない主婦層も多く、むしろ参加しない主婦層こそ企業が活用すべき答えを持っていると当社は確信しています。
ネット上でも店頭でも誰でも簡単にアンケートは実施できます。主婦業も何年かするとアンケートに答えるむなしさ(どうせ一所懸命考えてあげても何も変わらないという)徒労感から、参加することをやめてしまいます。主婦歴も長く、商品やサービスなどの判断力のある本来いちばん参加してほしい主婦ほどこの徒労感が大きく、年々参加しなくなる傾向があります。これはとてももったいないことです。
単純にお金やプレゼントがあればいいと言っているわけではありません。それよりも、
主婦は自分の声を伝えたい、そしてそれに応えて店や顧客サービスが改善されたり、向上されることそのものを求めていることを知ってほしいのです。
たとえば予算のないときでも集めた声を公開して、だからこう改善しましたという行動を店頭やネット上で告知していく姿勢を貫いたり、改善につながる答えを提供してくれた人を選んで感謝の意味でプレゼントを送るなど声を大切にする姿勢が伝われば答える側も誠意を持って協力してくれるものです。

アンケート(市場)調査は顧客とのコミュニケーション(販促手段)と考えると様々な広がりが考えられます。
もちろん調査の目的にもよりますが、大抵の場合、サービスの利用度アップ、売上げアップが大前提にあって、こうした調査は行われます。
主婦の市場調査を顧客とのコミュニケーションとして捉えると。調査自体をダイレクトに販促へとつなげることも可能です。
とくに、ネットは他の媒体に較べてこちらが意図した順番で、相当量の情報を文字でも画像でも、目指す相手に伝えることができるのです。もっと具体的に言えば、HPのURLで商品を見せたり、実際に使った人の声を読ませたり、お試しのサンプルを告知したり等々。ウェブページを見てから質問に答えることを上手に質問項目に取り入れることで、調査をしながらおのずと企業や商品のメッセージを伝えることも可能なのです。
今までの紙媒体の調査の認識を捨てて、もっと戦略的に立体的にアンケートを有効活用する時代ではないかと思っています。

<PR> 主婦の動向を知るのは、アンケートだけではありません 主婦コミュニティサイト Wism
主婦のためのコミュニティサイトWism
主婦の集まる掲示板も、マーケティングのヒントを得るツールとなります。



主婦アンケートデータなら、女性・主婦データWORKSHOP


Netscape Navigator 3.0以上またはMicrosoft InternetExplorer3.0以上をご利用ください。
株式会社CBTカプトブレーントラスト
〒277-0872千葉県柏市十余二248-3
TEL:0471-46-5520 FAX:0471-40-1088
(C) Copyright:1999 CAPUT BRAIN TRUST All right reserved. お問い合わせE-mail info@caput.co.jp